イライラや緊張を緩和する

看護師

安全性の高い生薬です

現代は職場や学校、家庭などでもストレスを感じている人が増えており、精神的にイライラしたり、怒りっぽいと感じたりしている人が多いです。神経が高ぶって興奮しやすいので悩んでいる人も少なくありません。精神神経科や心療内科に通うほどではないけれど、家族に当たってしまうので悩んでいる人も多いです。抑肝散は漢方の生薬のひとつで、顆粒タイプの形状になっていますが、精神や神経の昂りを改善したり、更年期障害やイライラ、不安感、緊張などを緩和したりする働きがあります。お子様の夜泣きや疳の虫などで悩んでいる人は、5歳以上のお子様も服用ができるので、決められた分量を守って飲ませてあげると良いでしょう。女性だけでなく、男性も更年期の年代に入ると、精神的に不安定になったり、イライラしやすい人が多いですが、一日に2、3回食間や食後に服用をすることで、辛い症状を緩和する働きがあります。漢方の生薬なので安全性に優れており、副作用が少ないのが特徴です。妊娠中や授乳中の人は、普段よりも体がデリケートになっているので、抑肝散を服用しないほうが良いでしょう。女性は生理周期のサイクルがあるので、自律神経の働きが乱れると、生理不順や更年期障害などの体の不調を感じやすくなります。体がだるく疲れやすいと感じたり、些細なことでイライラしたり、不安感を感じやすくなります。抑肝散は神経の昂りを改善したり、イライラや緊張、不安感などを緩和したりする働きがあるので、しばらく続けてみると良いでしょう。小さいお子様は不安感を感じやすく、夜泣きや疳の虫などの症状で悩んでいる人も多いです。中国などではお子様に服用をさせており、基本的には5歳以上から服用ができます。お子様の辛い症状を改善させてあげたい人は、しばらく続けてあげることが大事です。抑肝散は比較的副作用が少ない商品ですが、胃腸の弱い人は食間や食後に服用をして下さい。安全性の高い商品ですが、他の生薬との相性が悪い場合があるので、同時に服用をしないことが大事です。漢方の生薬は西洋の薬に比べると、作用が緩やかになっており、体の調子を整える効果があるので、体のデリケートな人も安心して服用できます。

Copyright© 2018 抑肝散でイライラから穏やかな心へ【頼れる漢方薬】 All Rights Reserved.